『リクルートの女性力』を書いた福西七重氏(ナナ・コーポレート・コミュニケーション代表取締役)に聞く

--1988年に発覚した未公開株式での贈収賄が問題になったリクルート事件の際、社内報で10カ月にわたり「論陣」を張りましたね。

あれだけ毎日、マスメディアでガンガンやられると、この会社は潰れてしまうのではないかとさえ感じた。私たちのやってきた仕事が本当に全面否定されるような悪いことだったのか、外部の方100人近くに登場いただいた。良さと同時に変えていかなければいけないところを見直した。厳しい話も伺ったが、社員に自信と元気を取り戻すことができた。

--現在は社内報づくりのエキスパートとして著名ですが。

会社をつくって13年目。社内報の制作受託は100社を超える。紙をベースにして、ネットを併用しているところが30%ぐらい。組織活性化の有力メディアとして、有用と言ってくださるところが少なくない。

(聞き手:塚田紀史 撮影:山内信也 =週刊東洋経済)

ふくにし・ななえ
『月刊総務』編集長兼務。1964年日本リクルートセンター(現リクルート)入社。総務、人事、江副浩正元社長の秘書などを経て社内報『月刊かもめ』創刊と同時に編集長。以後26年間務める。97年退社、ナナ・コーポレート・コミュニケーションを創業、社内広報コンサルティングなど手掛ける。


朝日新聞出版 1470円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT