震災から5年、被災した鉄路の今とこれから

再開が見えた路線やBRT化…まだ続く模索

画像を拡大
BRTでは既存駅に加えて駅の増設も進む

ただ、BRTは鉄道とバスの利点を併せ持つものとされてはいるけれど、その運営方法や将来の改良の方向性次第では、それぞれの短所が浮き彫りになるのではないか。

そういう危惧を、今回の取材では抱いた。近い機会に、より掘り下げた論考を行ってみたいが、BRTはあくまで「見た目がバス」であることがアキレス腱になってしまわないか、心配なのである。

一方で、列車代行バスも運転せず、地元自治体はあくまで鉄道での運行再開を求め続け、ついにはJR東日本との妥協点を見いだし、復旧作業が始まったのが、山田線宮古〜釜石間だ。

山田線は全線再開まで7年?

画像を拡大
三陸鉄道は宮古〜釜石間の運行も担うことになる

2015年3月に着手された工事は、約1年を経てかなり本格化しているようで、2018年度の全線復旧が目標となっている。

この区間は、復旧費用をJR東日本の負担と復興交付金からの拠出でまかない、工事完了後、線路などの設備は地元自治体へ譲渡。営業や列車の運行は三陸鉄道が実施することになる。軌道強化や必要となる車両の譲渡、人的支援、観光客誘致への協力などもJR東日本は行う。さらに、30億円の「一時金」も拠出する。

相当な好条件を引き出した感があるが、全線復旧までの7年間、公共輸送は路線バスが担ってきている。言い換えれば、バスの実績が積み上げられてきている。以前にも懸念を示したことがあるが、「バスで十分ではないか」という住民の意識が、この長い年月の間に醸成されてはいないか。列車の運行が再開されれば、利用客が戻ってくるのか。

三陸鉄道に対する「マイレール」意識が強い地域だけに、これは杞憂に終わるかもしれない。だが、ここもやはり沿線人口の流出が続いている。駅の増設も計画されているようであるが、さらに盛岡方面への直通など、前向きの施策を期待したいところだ。

津波で大きな被害を出した山田町、大槌町の復興ともども、鉄道がどう地域に貢献していくか。先行きを今後も注視していきたい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。