JR東日本の業績が「長いトンネル」に入る理由

今期の最高益から一転、来期は減益の可能性

JR東日本の収益を支える新幹線だが、来期はその改修積立金が減益要因となりそうだ(撮影:尾形文繁)

JR東日本が快走を続けている。2015年度の業績について、会社側は売上高が2兆8410億円、本業の儲けを示す営業利益が4630億円と予想している。いずれも過去最高を更新する見通しだ。

しかも、第3四半期(2015年4~12月期)時点で営業利益は4347億円に達している。期末まで3カ月を残し、年度計画の9割強を達成してしまった。このままの勢いが続けば、最終的には会社予想を大幅に上回る可能性が高い。

だが、この勢いは今期限りとなるかもしれない。2016年度は一転して減益決算となる可能性があるのだ。

待ち構える新幹線の大規模改修

今期の業績を牽引した北陸新幹線ブームが開業から1年を経て、その好影響が一段落する可能性があること、北海道新幹線が北陸のようなブームを引き起こすかどうかわからないことなど、いくつかの要因はあるが、もっと明確な理由がある。

それは、2月17日にJR東日本が発表した東北・上越新幹線の大規模改修である。2031年度から10年間にわたって、土木構造物の改修作業を実施するというものだ。

東北・上越新幹線は1982年に開業した。つまり、2031年は開業からほぼ50年後にあたる。新幹線は安全運行を維持するため、日常的にさまざまな保守・点検作業を行っている。それでも、超長期にわたってインフラを使用していると経年劣化は避けられず、通常の補修で対応しきれなくなる。

次ページ費用総額はどの程度なのか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT