2011年 新聞・テレビ消滅 佐々木俊尚著

2011年 新聞・テレビ消滅 佐々木俊尚著

その旧態依然の体質や世界的不況が、マスメディアの衰退を加速させているという言論はよく聞く。しかし、自身が新聞記者・雑誌編集者の経験がある著者は、もっと根本的な構造変化がマスメディアにとどめを刺すという。

その最大の原因は、インターネットの出現である。新聞記事はいまやネット上で無料閲覧。テレビ番組はHDに録画しCМを飛ばしながら好きな時に見る。あるいは、ネット上のサイト経由で見る。こうしたことが部数減少、視聴率の低迷、そして広告収入の激減へとつながっている。

情報通信法の施行と完全地デジ化となる2011年、無自覚なメディアは淘汰され、未曾有の業界再編が始まると予言する。

文春新書 788円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。