2011年 新聞・テレビ消滅 佐々木俊尚著

2011年 新聞・テレビ消滅 佐々木俊尚著

その旧態依然の体質や世界的不況が、マスメディアの衰退を加速させているという言論はよく聞く。しかし、自身が新聞記者・雑誌編集者の経験がある著者は、もっと根本的な構造変化がマスメディアにとどめを刺すという。

その最大の原因は、インターネットの出現である。新聞記事はいまやネット上で無料閲覧。テレビ番組はHDに録画しCМを飛ばしながら好きな時に見る。あるいは、ネット上のサイト経由で見る。こうしたことが部数減少、視聴率の低迷、そして広告収入の激減へとつながっている。

情報通信法の施行と完全地デジ化となる2011年、無自覚なメディアは淘汰され、未曾有の業界再編が始まると予言する。

文春新書 788円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT