アイスダンスの金メダリストにも薬物疑惑

ソチ五輪金ボブロワ組が世界選手権欠場

 3月7日、2014年ソチ五輪でロシアのフィギュアスケートの団体金メダル獲得に貢献したアイスダンスのエカテリーナ・ボブロワ、ドミトリー・ソロビエフ組にドーピング違反の疑惑が浮上し、世界選手権を欠場することに。ブラチスラバで1月撮影(2016年 ロイター/David W Cerny)

[モスクワ 7日 ロイター] - 2014年ソチ五輪でロシアのフィギュアスケートの団体金メダル獲得に貢献したアイスダンスのエカテリーナ・ボブロワ、ドミトリー・ソロビエフ組にドーピング違反の疑惑が浮上し、世界選手権(30日開幕、米ボストン)を欠場することになった。ロシアの通信社R-Sportが7日、報じた。

ボブロワは1月、銅メダルを獲得した欧州選手権の後に受けた薬物検査で、ことしから禁止薬物に指定されているメルドニウムに陽性反応を示したという。Bサンプルの再検査は求めないことも明らかにした。

同ペアのアレクサンドル・ズーリン・コーチは、ボブロワが禁止薬物と知らずに摂取したかもしれないとコメント。「起きてしまったことにショックを受け、混乱している」と語ったという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。