アイスダンスの金メダリストにも薬物疑惑

ソチ五輪金ボブロワ組が世界選手権欠場

 3月7日、2014年ソチ五輪でロシアのフィギュアスケートの団体金メダル獲得に貢献したアイスダンスのエカテリーナ・ボブロワ、ドミトリー・ソロビエフ組にドーピング違反の疑惑が浮上し、世界選手権を欠場することに。ブラチスラバで1月撮影(2016年 ロイター/David W Cerny)

[モスクワ 7日 ロイター] - 2014年ソチ五輪でロシアのフィギュアスケートの団体金メダル獲得に貢献したアイスダンスのエカテリーナ・ボブロワ、ドミトリー・ソロビエフ組にドーピング違反の疑惑が浮上し、世界選手権(30日開幕、米ボストン)を欠場することになった。ロシアの通信社R-Sportが7日、報じた。

ボブロワは1月、銅メダルを獲得した欧州選手権の後に受けた薬物検査で、ことしから禁止薬物に指定されているメルドニウムに陽性反応を示したという。Bサンプルの再検査は求めないことも明らかにした。

同ペアのアレクサンドル・ズーリン・コーチは、ボブロワが禁止薬物と知らずに摂取したかもしれないとコメント。「起きてしまったことにショックを受け、混乱している」と語ったという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT