アイスダンスの金メダリストにも薬物疑惑

ソチ五輪金ボブロワ組が世界選手権欠場

 3月7日、2014年ソチ五輪でロシアのフィギュアスケートの団体金メダル獲得に貢献したアイスダンスのエカテリーナ・ボブロワ、ドミトリー・ソロビエフ組にドーピング違反の疑惑が浮上し、世界選手権を欠場することに。ブラチスラバで1月撮影(2016年 ロイター/David W Cerny)

[モスクワ 7日 ロイター] - 2014年ソチ五輪でロシアのフィギュアスケートの団体金メダル獲得に貢献したアイスダンスのエカテリーナ・ボブロワ、ドミトリー・ソロビエフ組にドーピング違反の疑惑が浮上し、世界選手権(30日開幕、米ボストン)を欠場することになった。ロシアの通信社R-Sportが7日、報じた。

ボブロワは1月、銅メダルを獲得した欧州選手権の後に受けた薬物検査で、ことしから禁止薬物に指定されているメルドニウムに陽性反応を示したという。Bサンプルの再検査は求めないことも明らかにした。

同ペアのアレクサンドル・ズーリン・コーチは、ボブロワが禁止薬物と知らずに摂取したかもしれないとコメント。「起きてしまったことにショックを受け、混乱している」と語ったという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。