トヨタが製品群別カンパニーを導入する理由

企画から生産まで一貫管理

 3月2日、トヨタ自動車は4月からの新体制を発表した。自動車事業で、小型車、商用車など7つの製品群からなる「カンパニー」を新たに設置する。パリで2月撮影(2016年 ロイター/Mal Langsdon)

[東京 2日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は2日、4月からの新体制を発表した。自動車事業で、小型車、商用車など7つの製品群からなる「カンパニー」を新たに設置。これまでの地域軸によるビジネスユニット(BU)は残し、各カンパニーが製品の企画から生産までを一貫して管理できる体制にする。

同社が現在、車づくりに順次導入している新しい設計手法「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」に合わせる形に組織の枠組みを見直し、TNGAの効果を最大化できるようにし、意思決定の迅速化や人材育成も図る。

7つのカンパニーは、1)小型車、2)中・大型車、3)商用車、4)高級車ブランド「レクサス」、5)先進技術開発、6)パワートレーン、7)コネクティッド(通信でつながる車)で構成する。各カンパニーには責任や権限を持つプレジデントを置く。これまでの「第1トヨタ(先進国)」と「第2トヨタ(新興国)」といった地域軸によるBUは継続する。

また、長期的な視点に立った経営戦略の策定と経営資源の最適化に向けて、新たに「コーポレート戦略部」と将来技術や事業を創造する「未来創生センター」を設置する。役員体制も刷新し、現在は6人いる副社長を4人に減らす。

 

(白木真紀)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT