NEC、「モバイル解散」の意外なプラス効果

税金支払いの面で大きなメリット

遠藤社長(写真左)は今期限りで社長を退任、新野新社長(右)に譲ることになる(撮影:尾形文繁)

やはり、というべきか。2月29日、通信インフラ設備で国内首位のNECが今2016年3月期の業績予想を下方修正した。

売上高を期初計画の3兆1000億円から2兆9000億円に、営業利益は期初計画の1350億円から1000億円にそれぞれ減額した。前2015年3月期が売上高2兆9355億円、営業利益1280億円だったため、増収増益の計画から一転、減収減益になる。

「やはり」というのは、第3四半期(4~12月期)までの進捗率が低かったからだ。進捗率は売上高で67%、営業利益でわずか18%だった。過去2期の売上高の進捗率は第3四半期までで68%台なので、売上高はまだ計画達成の可能性があった。

同業他社の声「どう考えても無理」

一方、営業利益は前年同期が27%、前々年同期が22%だったことを考えると進捗率の低さは否めない。それにもかかわらず、1月28日の決算説明会時点では「今期は例年よりも第4四半期への偏重が高まる。3月末までの頑張り次第」(川島勇CFO)として、期初計画を変えていなかった。

同業他社からは「通信業界の投資意欲の弱さを考えるとNECの通期計画達成はどう考えても無理」との声が上がっていた。実際、富士通は翌29日、第3四半期の発表と同時に、売上高予想を800億円、営業利益予想を200億円それぞれ下方修正した。売上高の修正幅が最も大きかったのは、通信関連のシステムプラットフォームの500億円だった。

次ページ下方修正でも意外なプラスが
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。