グーグルの自動運転車がバスと衝突事故

軽い衝突事故、責任認める

 2月29日、米グーグルの自動運転車が2月中旬にカリフォルニア州で軽い衝突事故を起こしていたことが明らかになった。写真はグーグルが開発した別タイプの自動運転車。昨年11月カリフォルニアで撮影(2016年 ロイター/Stephen Lam)

[29日 ロイター] - 米グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>の自動運転車が2月中旬にカリフォルニア州で軽い衝突事故を起こしていたことが明らかになった。

同社が開発している自動運転車の事故としては初めてのケースとなると見られる。

カリフォルニア州当局に提出された23日付の報告書によると、事故は14日に同州マウンテンビューで発生。自動運転仕様の「レクサス RX450h」が路面に置かれた砂袋を避けようとした際にバスと衝突した。

報告書によると、事故時の走行速度は自動運転車が時速2マイル以下、バスが時速15マイル程度。自動運転車の左前のフェンダー、前輪、運転席側のセンサーが破損した。けが人は出ていない。

グーグルは29日に発表した声明で「責任は明らかにグーグル側にある」とし、事故を検証した上でソフトウェアの調整を行ったため、今後はバスのような大型車両の動きをより良く予測できるようになると説明した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 鉄道漫遊記
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。