グーグルの自動運転車がバスと衝突事故

軽い衝突事故、責任認める

 2月29日、米グーグルの自動運転車が2月中旬にカリフォルニア州で軽い衝突事故を起こしていたことが明らかになった。写真はグーグルが開発した別タイプの自動運転車。昨年11月カリフォルニアで撮影(2016年 ロイター/Stephen Lam)

[29日 ロイター] - 米グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>の自動運転車が2月中旬にカリフォルニア州で軽い衝突事故を起こしていたことが明らかになった。

同社が開発している自動運転車の事故としては初めてのケースとなると見られる。

カリフォルニア州当局に提出された23日付の報告書によると、事故は14日に同州マウンテンビューで発生。自動運転仕様の「レクサス RX450h」が路面に置かれた砂袋を避けようとした際にバスと衝突した。

報告書によると、事故時の走行速度は自動運転車が時速2マイル以下、バスが時速15マイル程度。自動運転車の左前のフェンダー、前輪、運転席側のセンサーが破損した。けが人は出ていない。

グーグルは29日に発表した声明で「責任は明らかにグーグル側にある」とし、事故を検証した上でソフトウェアの調整を行ったため、今後はバスのような大型車両の動きをより良く予測できるようになると説明した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。