「お散歩番組」人気の秘密は、どこにあるのか

テレビは「ハレ」のメディアではなくなった

異彩を放っているのが、第4シリーズに入った「ブラタモリ」(NHK総合)である。人の魅力を伝えることに比重を置くお散歩番組が多いなか、この番組は街の魅力を伝えるお散歩番組の最たるものだ。街の歴史や発展に影響した地形などを実際にタモリが専門家とともに歩いて確かめていく。地図マニアとしても知られるタモリ独特の鋭い観察眼が発揮され、一種の教養番組の趣がある。

また最近は、夜の街を散歩する番組も増えている。例えば、「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日)などがそうだ。マツコ・デラックスが毎回深夜の街を興味のおもむくままに歩き回る。酒場だけでなく、深夜のカラオケボックスなど、昼間とは違う街の表情、人々の生態が浮かび上がる。人生相談のような会話になっていくことがままあるのもマツコらしい。昼が日常だとすれば、そこには束の間の非日常が顔をのぞかせる。

テレビと視聴者の関係性の変化

こうしたお散歩番組の隆盛から何が読み取れるのだろうか。最後に少し考えてみたい。

ひとつは、私たち視聴者のなかにあるノスタルジックな感情だろう。お散歩番組は、街の移り変わりを映し出す。街の近代化や再開発によって風景は様変わりし、失われたものに思いを馳せさせる。ただもう一方で、散歩の目線だから発見できる昔ながらの商店や職人技、食べ物の味がある。世の中がめまぐるしく変わるなかで、変わらないものにふれたときの郷愁をともなう安心感が、お散歩番組にはある。

もうひとつは、視聴者とテレビの関係性の変化である。

民俗学的な表現を用いるなら、ここ数十年来テレビは、いつも賑やかな祭りが繰り広げられる非日常的な「ハレ」のメディアであった。それに対し、普段着の魅力を感じさせるお散歩番組の隆盛は、テレビが日常的な「ケ」のメディアへと変わりつつあることを示しているのではなかろうか。

言い方を換えれば、視聴者とテレビは段差のない対等な関係になった。ナレーターと出演者が気軽に会話を交わす体のお散歩番組の定番的演出は、そうした視聴者とテレビの対等な関係を象徴しているように思われる。その点、テレビ史的意味でもお散歩番組への興味は尽きない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT