過去最大のM&A実施 ミレアが海外戦略を加速

過去最大のM&A実施 ミレアが海外戦略を加速

国内最大の損保グループが世界の保険市場に進出。(『週刊東洋経済』12月29日-1月5日合併号より)

 国内最大の損保グループ、ミレアホールディングスは傘下の東京海上日動火災を通じ、英国ロイズ保険市場を足場に世界展開する保険グループ、キルン社を買収する。買収金額は約1060億円と、日本の保険会社によるM&Aでは過去最大。これによりミレアは世界市場での事業拡大に向け、大きな一歩を踏み出したといえる。

 だが、過去に合併などでロイズ市場に進出した会社は、失敗することが少なくなかった。原因は、優秀な保険引受人が他社に引き抜かれて会社を去ったため。ロイズ市場では優秀な保険引受人さえ確保できれば仕事はついてくる。今回もミレア買収の報道が本格化する前から、キルン社の保険引受人に対し、激しいヘッドハンティング合戦が繰り広げられたという。

 隅修三ミレア社長は買収合意決定の4日後に、2泊4日の強行軍でロンドンに飛んだ。キルン社の従業員に、会社組織は何も変えないと直接訴えるためだ。今後の世界戦略の成功は、いかに人材を引き留めるかに尽きる。

(書き手:筑紫祐二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT