過去最大のM&A実施 ミレアが海外戦略を加速

過去最大のM&A実施 ミレアが海外戦略を加速

国内最大の損保グループが世界の保険市場に進出。(『週刊東洋経済』12月29日-1月5日合併号より)

 国内最大の損保グループ、ミレアホールディングスは傘下の東京海上日動火災を通じ、英国ロイズ保険市場を足場に世界展開する保険グループ、キルン社を買収する。買収金額は約1060億円と、日本の保険会社によるM&Aでは過去最大。これによりミレアは世界市場での事業拡大に向け、大きな一歩を踏み出したといえる。

 だが、過去に合併などでロイズ市場に進出した会社は、失敗することが少なくなかった。原因は、優秀な保険引受人が他社に引き抜かれて会社を去ったため。ロイズ市場では優秀な保険引受人さえ確保できれば仕事はついてくる。今回もミレア買収の報道が本格化する前から、キルン社の保険引受人に対し、激しいヘッドハンティング合戦が繰り広げられたという。

 隅修三ミレア社長は買収合意決定の4日後に、2泊4日の強行軍でロンドンに飛んだ。キルン社の従業員に、会社組織は何も変えないと直接訴えるためだ。今後の世界戦略の成功は、いかに人材を引き留めるかに尽きる。

(書き手:筑紫祐二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT