フジテレビが大博打、15時間生放送の胸算用

民放キー5局の「4月改編」の狙いを読み解く

その大胆な決断は、吉と出るか、凶と出るか。民放キー局の4月の番組改編に関する方針が出そろう中、最も積極的な策を打ち出したのはやはり、視聴率の低迷にあえぐフジテレビだった。

放送開始から31年を迎えた昼の長寿番組「ライオンのごきげんよう」と、数々の話題作を生んできた昼ドラマ枠(東海テレビ制作)を打ち切り、既存の番組を拡大。平日4~19時の15時間を、すべて生放送で編成することを決めた。

さらに、深刻な不振に陥っているゴールデン枠(19~22時)でも、いくつかのバラエティ番組を打ち切る。亀山千広社長は「今年は厳しい1年。4月改編の午後帯は新たなものをスタートする。腹をくくってやらなければならない」と気を引き締めた。

一方、2015年秋に続き、静観を貫くのが日本テレビだ。バラエティの好調ぶりは他局もうらやむばかり。今回は放送時間の調整など小規模な改編にとどまる見通しだ。

収益力で群を抜く日テレ

これほど明確な違いが生じた背景には、両社の置かれた収益環境の差がある。

日テレは視聴率が高いだけでなく、広告主が望む若年層の支持を得ている。そのため、番組内の放送時間枠を販売するタイム広告、それ以外の枠に放送するスポット広告ともに、計画を上回る状況が続いている。日本テレビ単体の業績を見ても、その収益力は群を抜く。

次ページ日テレはなぜ、そこまで好調なのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT