「キャッシュフロー仕事術」を知っていますか

ビジネスパーソンの1%しか知らない「武器」

その詳しい内容は、3月に出る『30代からの仕事に使える「お金」の考え方』をみていただければわかるが、ひとつ具体的なケースを考えてみよう。

おカネが儲かるのはどっち?

たとえば、1個70円で仕入れた商品を、100円で100個売っていたとする。売り上げは10000円(販売単価100円×数量100個)で、そこから仕入7000円(仕入原価70円×数量100個)を差し引いた利益は3000円である。

この商売で、売り上げを1割増やしたい場合、あなたならどうするか? 売り上げは、「販売単価×数量」で決まるから、選択肢は次の2つだ。

①単価アップ:販売単価を1割増やす(販売単価110円×数量100個)

②数量アップ:数量を1割増やす(販売単価100円×数量110個)

どちらを選んでも、売り上げは11000円で同じ。ほとんどの営業社員は、何も考えずに数をたくさん売るやり方(②数量アップ)を選んでしまうことが多い。では、それぞれの利益を計算して比較してみよう。

販売単価 数量    仕入原価 数量     利益
①単価アップ:110円×100個—70円×100個=4000円
②数量アップ:100円×110個—70円×110個=3300円

 

まず、②の数量を1割増やす場合は、利益も1割の300円しか増えない。しかし、①の販売単価を1割増やす場合には、利益が3割以上増加し1000円も増える。

書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

売り上げは同じでも、利益に差が出るという簡単な例だが、販売数のノルマしか頭にない営業社員と、効率よく利益を増やしている営業社員との違いは、こういうところに現れてくる。

儲けたおカネが増えれば、次の商売の元手が増えて、さらにおカネが増えるスピードが速くなっていく。キャッシュフローを考えて働いている社員のほうが、高く評価されるのは当然である。

このほかにも、販売戦略、仕入方法、在庫の持ち方、変動費と固定費の使い分け方など、ビジネスのやり方を工夫することによって、会社のおカネの流れが変わっていく。

このように、日頃の仕事をつねに「おカネ」の動きで考える「キャッシュフロー仕事術」を身につけることで、ビジネスパーソンとしての価値がグッとあがることは間違いない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT