「キャッシュフロー仕事術」を知っていますか

ビジネスパーソンの1%しか知らない「武器」

実際、私たちが税理士として1万人以上のビジネスパーソンと出会ってきた感覚として、自分の仕事を「おカネ」をベースとして考えることができている人は、100人の会社で1人しかいない。逆に言うと、99%の人は会社のおカネのことを考えずに仕事をしているのである。

では、「おカネで考えて仕事をする」=「キャッシュフロー仕事術」とはどのようなことを意味するのだろうか?

「数字」に弱くても「おカネ」で考えることはできる

「新しいサービスの企画を考えてみてくれないか?」と上司からこんな依頼を受けた際にあなたは以下のことを想定できるだろうか?

・いくらかかって、どのくらいおカネが増えそうなの?

・そんなに急拡大して、おカネは大丈夫なのか?

・売上が計画どおりいかなかったたら、どうなる?

一見すると大きな問題ではないように思えるが、その企画の良しあしはその企画の面白さや奇抜さよりも、どのくらい「おカネ」がかかり、どのくらいで「おカネ」が回収し、儲けることができるのかで判断される。わかりやすく言えば、「どこでチャリンという音が聞こえるのか?」を意識することである。どのタイミングで出金があり、どこで入金があって、おカネが回っていくサイクルを描き出さなければならない。

それは、あたかもひとつの事業をひとつの会社のキャッシュフローのように捉えて考えることであり、それが「キャッシュフロー仕事術」という由縁である。

次ページ売り上げを1割増やしたい場合、どうすればいいのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT