人が日本一集まる街・福岡の「タグ付け」戦法

原点は反骨心、高島市長の"異色"地方自治

福岡を率いる若き市長、その「頭の中」を探りました
2014年に国家戦略特区「グローバル創業・雇用創出特区」に指定され、開業率が政令市でトップを誇る福岡市。現在、人口増加数・増加率ともに政令市でナンバーワンという勢いのある福岡市を率いるのが、高島宗一郎市長(41)だ。エネルギッシュな語り口で、市政から自身の思いまで本音を語ってくれた。

 「今に見ていろ」という反骨心が原動力に

――つい先日、福岡は日本で人口が5番目に多い政令指定都市になったと発表されました。しかも若年層が増えている。勢いを感じます。

昨年10月に実施された国勢調査の速報ですね。この5年間に7万5000人増え、153万8500人になりました。それ以降も増え続けています。これだけの方に「定住の地」として選んでいただけるのは大変喜ばしく、これから九州や日本に対して福岡市が果たしていくべき役割を考えると、身が引き締まる思いです。

――“福岡の朝の顔”として情報番組のキャスターを務めていた高島さん。36歳で当選されたときは、若い市長として話題になりました。

2010年の市長選には8人が乱立していました。現職市長もいる中で、市民は行政経験ゼロの私を選んでくださった。これぞ、まさに福岡がイノベ-ティブな街という一つの象徴だと思います。

――就任当時は、かなり苦労されたのでは?

実は、かなり悔しい思いを抱えていました。当選はしたものの、地元経済界をはじめ多くの方々に「あんな若い奴に市長なんてできるわけがない。しかもキャスター上がりに政治なんて無理」と陰で言われていましたので。わざと「市長いくつですか?」と年齢を聞かれて、「はー、うちの息子より若いな」と冷ややかに言われたり……。いつも顔では笑いながら「今に見ていろ」と思っていました。

だから私がいちばんこだわったのは結果。福岡はベンチャーだ、スタートアップだといつも言っていますが、ある意味私自身がスタートアップなのです。信頼や実績がなかったので、結果を出してわかってもらうしかない。「見返してやる」という反骨心が大きな原動力になりました。

次ページ福岡の現状を「シンプルに」考えてみた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスマンのための<br>世界史&宗教

世界を深く知るには、歴史と宗教の知識が不可欠です。複雑化するビジネスの羅針盤を、よりすぐりの専門家が伝授します。「四大文明」という概念は否定されているなどの新常識、3大宗教の基本、世界史ベストブックスの超解説などが満載です。