鴻海が韓国SK財閥と密かに進めていること

シャープ買収に名乗りを上げた企業の戦略

この計画通りにいけば、SKはITサービス業中心の事業体質を改善でき、グローバル市場で新たなビジネスチャンスをつかむことができる。鴻海グループは中国に約10カ所の工場を置くほか、ブラジルやメキシコ、インド、マレーシア、欧州などに数十カ所の工場がある。雇用者だけでも150万人。売上高も年間1325億ドル(約15兆円)で、アップルやサムスンに続く世界3位となる額だ。

スマートファクトリー計画の始まりは、1年7カ月前に遡る。2014年6月に背任罪で拘束・収監されていたSKグループの崔泰源(チェ・テウオン)会長が、自ら保有するSKC&Cの株式4.9%分を鴻海グループに売却した。サムスンと韓国を嫌う「反韓派」として有名な鴻海の郭台銘会長が、SKグループの支配構造で頂点にあるSKC&Cの株式を5%近く持ったことに大きな関心が寄せられた。昨年8月、SK(株)がSKC&Cと合併して統合し、鴻海の保有率は3.41%に調整された。

株式売却当時、獄中にいた崔会長は「中国市場で鴻海とのパートナーシップを活用したビジネスチャンスを探せ」と注文したという。その後、両者の協業はスマートファクトリーとして具体化した。昨年5月、鴻海とSKC&Cは7対3の比率で720億ウォン(約67億円)を投資して合弁会社「FSKホールディングス」を香港で設立してもいる。

「反韓派」の郭会長と3年で蜜月関係になったSK

鴻海とSKの提携には、郭会長と崔会長の「関係」が土台にあった。二人は2012年ごろ、三宝(サムボ)コンピュータ(TriGem)創業者であるイ・ヨンテ会長の息子であるTGアンドカンパニーのイ・ホンソン会長の紹介で初めて会った。当時、郭会長はアップル製品の90%以上を生産する「アップルパートナー」として、サムスン以外の部品供給候補者の情報を求めていたという。

アップルはサムスンからメモリーチップやディスプレーなど主要部品を供給されている顧客だが、サムスンを相手に特許訴訟を起こし、その後他の部品供給社を物色していた。崔会長は2011年11月に半導体メーカーであるハイニックスを買収したあと、大規模買収を決定し、メモリー半導体市場に勝負をかけようとしていた時だった。

三宝コンピュータは1990年代、パソコン生産を委託したことで鴻海と関係を持つようになった。あるベンチャー企業関係者は「二人のオーナーが会って、2、3カ月後に崔会長が2013年1月に拘束されたが、このニュースを聞いた後、郭会長は『それほどの捜査を受けているとは知らなかった』とひどく残念がった」と証言する。

次ページ鴻海の事業多角化の矛先は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT