ビール商戦に大異変! 泡立つ“家飲み”需要



飲食店でも発泡酒

ただし低価格品の伸びを、各社とも手放しで喜べる状況ではない。家庭用需要が伸びる一方で、飲食店向けなどの業務用ビールは、1~5月で前年同月比1割近くも減少している。新型インフルエンザなどの影響があったとはいえ、「今年は想定以上に厳しい」(ビール会社首脳)。しかも新たに発泡酒を取り扱う店舗が増えており、高単価なビールの主戦場であった飲食店でも低価格志向の兆しが出始めている。

消費者には、低価格品の味や機能の拡充は大歓迎。だがビールメーカーにとって、利益率の高いビールの低迷は痛手だ。

市場が縮む中で生き残るには、シェアを確保する必要があり、ビールと発泡酒も手を抜くことは許されない。不況という外部要因が絡み合う今年のビール市場は、混戦の様相を呈している。

■アサヒビールの詳細はこちら

■キリンホールディングスの詳細はこちら

■サッポロホールディングスの詳細はこちら

(倉沢美左 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済)

人気記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。