広告若手・中堅社員の本音トーク! 華々しい業界も今や昔? タクシー券全面禁止…ヤバいです《広告サバイバル》



 同じく。給料は変わっていないけれど、もともと残業代とボーナスで稼いでいるところがあったから、厳しいね……と嘆いています。

 最近は休日勤務禁止、深夜残業も禁止。でも、飲みに行くにもカネがないので、みんなジョギングしたりして、すっかり朝型人間に。何だか健康になってしまった。朝、読書会やったりね(笑)。

 つらいのは不況で広告予算が減っても、私たちの作業量が変わらないことですね。そのうえ、競合が増えていて、つねに全力でいかないといけないのが、キツイ。ルーチンをやりながらコンペの準備をしているので、現場は相当、疲弊してます。

 それに加えてうちは人件費の削減の大号令の下、ここ2~3年、派遣が減ってデスクの人数が極端に少なくなってしまった。昔なら3人でやっていたことを2人でやってます。

 今は広告の手法が非常に細かくなって、キャンペーンのつながりとか、仕事量はどんどん増えている。やってもやっても、やりきれないですね。

 これまで、うちのような大手は、金額の小さな販促の商談を取りにいくことはなかったのですが、最近は、マスの広告だけじゃなくて、こういう細かい仕事も取りにいく流れが出てきました。

 販促費はチラシ制作とかPOP制作とか、一つひとつの制作費がすごく細かいから、以前はテレビ局の口座を持つような大手代理店はほとんど手を出さなかった。でも、クライアントの宣伝予算が大幅に削減されると、そうもいっていられない。私もメーカーの営業さんとの会議に出席したり、直接店舗の売り場を見に行ったりしています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。