ネット広告最前線--あなたが何を欲しいかウェブは知っている《広告サバイバル》



特徴を生かしたターゲティングも続々

ネット通販最大手、楽天も行動ターゲティング広告を強化中だ。楽天市場をはじめ旅行、信販、オークションなどグループ各社の顧客情報データベースを基盤とした「楽天スーパーDBターゲティング広告」を5月末に開始。傘下のポータル、インフォシークを軸に展開する。

この新しい行動ターゲティング広告は、基本的な仕組みはヤフーなど他社と変わらない。が、5000万件の会員情報と、行動解析の要素に「商品購買履歴」「楽天スーパーポイントへの反応度」が使われているのが、楽天ならではの大きな特徴だ。

「ポイントへの反応度が高いユーザーは、条件によっては、通常の10倍以上のCTRを記録することがある」と楽天の小林司ADソリューション事業長。「今後はさらに分析を進めて、『投資に関心がある』などといったサイコグラフィック的な項目や、直前に接触した広告が購買行動に影響を与えるリーセンシー効果を高めるよう開発したい」。

同時に、ヤフーに比べると見劣りする媒体力を高めるため、積極的に他のネット媒体と提携。広告配信のネットワーク化により、行動ターゲティング広告の拡大をもくろむ。

パソコン・携帯電話での交流サイト(SNS)最大手のミクシィも、SNSに存在する200万ものコミュニティを分析し、グループごとに広告を配信するターゲティング広告を強化中だ。特定のコミュニティに参加している利用者には、その特性に合った広告を配信する。

ミクシィの辻正隆・mixi事業本部営業部長は「広告代理店などが保有する購買動向データなどと組み合わせて、より精度の高いターゲティング広告を開発したい」と語る。

利用者参加型、動画検索連動など新顔も登場

新たなネット広告の展開はターゲティング広告に限らない。ミクシィが手掛けるユーザー参加型や口コミ型の広告もその一つ。

ミクシィでは、宇多田ヒカルの新刊書のタイアップ広告を展開するに当たり、利用者から直接、広告バナー、キャッチコピーを募集する企画を展開した。「単純なネット広告では、CDと誤認されるおそれがあったため、ひと工夫必要だった」(辻氏)。ミクシィの日記と同様、携帯から簡単に投稿できるようにしたことも手伝って、1万2000件弱の応募を集めた。単に、効果的な広告を作ってもらうというだけでなく、投稿作品はサイトに掲載してユーザーの参加意識を高め、さらに投稿者が自分の友人知人に知らせるというSNSならではの口コミを喚起、商品の認知度アップにもつながったという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT