ネット広告最前線--あなたが何を欲しいかウェブは知っている《広告サバイバル》



特徴を生かしたターゲティングも続々

ネット通販最大手、楽天も行動ターゲティング広告を強化中だ。楽天市場をはじめ旅行、信販、オークションなどグループ各社の顧客情報データベースを基盤とした「楽天スーパーDBターゲティング広告」を5月末に開始。傘下のポータル、インフォシークを軸に展開する。

この新しい行動ターゲティング広告は、基本的な仕組みはヤフーなど他社と変わらない。が、5000万件の会員情報と、行動解析の要素に「商品購買履歴」「楽天スーパーポイントへの反応度」が使われているのが、楽天ならではの大きな特徴だ。

「ポイントへの反応度が高いユーザーは、条件によっては、通常の10倍以上のCTRを記録することがある」と楽天の小林司ADソリューション事業長。「今後はさらに分析を進めて、『投資に関心がある』などといったサイコグラフィック的な項目や、直前に接触した広告が購買行動に影響を与えるリーセンシー効果を高めるよう開発したい」。

同時に、ヤフーに比べると見劣りする媒体力を高めるため、積極的に他のネット媒体と提携。広告配信のネットワーク化により、行動ターゲティング広告の拡大をもくろむ。

パソコン・携帯電話での交流サイト(SNS)最大手のミクシィも、SNSに存在する200万ものコミュニティを分析し、グループごとに広告を配信するターゲティング広告を強化中だ。特定のコミュニティに参加している利用者には、その特性に合った広告を配信する。

ミクシィの辻正隆・mixi事業本部営業部長は「広告代理店などが保有する購買動向データなどと組み合わせて、より精度の高いターゲティング広告を開発したい」と語る。

利用者参加型、動画検索連動など新顔も登場

新たなネット広告の展開はターゲティング広告に限らない。ミクシィが手掛けるユーザー参加型や口コミ型の広告もその一つ。

ミクシィでは、宇多田ヒカルの新刊書のタイアップ広告を展開するに当たり、利用者から直接、広告バナー、キャッチコピーを募集する企画を展開した。「単純なネット広告では、CDと誤認されるおそれがあったため、ひと工夫必要だった」(辻氏)。ミクシィの日記と同様、携帯から簡単に投稿できるようにしたことも手伝って、1万2000件弱の応募を集めた。単に、効果的な広告を作ってもらうというだけでなく、投稿作品はサイトに掲載してユーザーの参加意識を高め、さらに投稿者が自分の友人知人に知らせるというSNSならではの口コミを喚起、商品の認知度アップにもつながったという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング