日本マクドナルド、1月既存店売上は35%増

客数は33カ月ぶり増加、「おてごろマック」好調

 2月4日、日本マクドナルドホールディングス は、1月の既存店売上高が前年比35.0%増となったと発表した。写真は都内で昨年2月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 4日 ロイター] - 日本マクドナルドホールディングス <2702.T>は4日、1月の既存店売上高が前年比35.0%増となったと発表した。客数は同17.4%増、客単価は同15.0%増。客数は、2013年4月以来、33カ月ぶりのプラスとなった。

新メニューも加わった「おてごろマック」が好調だったという。また、不採算店の閉鎖や改装なども寄与した。ただ、昨年1月は、異物混入事件で既存店売上高は38.6%減、客数は28.5%減、客単価は14.1%減と大幅に落ち込んだ月。この影響が一巡した面も大きい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT