イスラエル 臼杵陽著

イスラエル 臼杵陽著

中東の火薬庫といわれ、今なお紛争が絶えないイスラエル。本書は、19世紀後半のユダヤ人入植から始まり、第2次大戦後の建国、4度の中東戦争を経て、現在に至るまでのイスラエルの歴史を中東地域研究者の著者が詳細に解説している。

イスラエルの和平が実現しない背景には、大きく三つの問題が横たわる。ユダヤ民族国家かユダヤ教国家かという問題。それぞれのエスニシティによる差別。そして、最も深刻なのは、同じイスラエルという国籍を有するユダヤ人とアラブ人の民族的な対立である。さらには周辺国との関係、アメリカの思惑なども絡んでくる。

多文化国家イスラエルの複雑な現実が浮き彫りになる。

岩波新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。