ダリは、あの飴玉のロゴだってデザインした

本当にクリエイティブな人の生き方とは?

他にも舞台装置や、被服、織物、香水の瓶もデザインしてしまった。チュッパチャプス(どこでも売っている、あの飴のこと)の製造元は、ダリにロゴのデザインを依頼した。ダリは、花形のデザインとレタリングを考案し、それは今でも使われている。ロゴが常に見える位置に印刷されるようになったのは、ダリの助言によるものだった。ダリは「美術史に名高い、超現実主義のアーティストである裕福な私に向かって、何とくだらん依頼を」などとは言わなかった。面白そうだったから、話を受けた。何が重要で何が重要でないかという規則は、眼中になかったのだ。極めつけは、ダリが創ってしまった人間だろう。「ダリのフランケンシュタイン」の異名をとるアマンダ・リアのことだ。

まだペキ・ドルソと名乗っていたアマンダは、1965年にナイトクラブでダリと出会った。ダリは彼女[トランスジェンダー]に新しい名前と人格を与え、神秘的な設定を考案してディスコとアートシーンに売り出した。アマンダは各シーンで旋風を巻き起こした。

学校も社会も、あなたの創造性など取るに足らぬと思いこませようとする。そしてあなたは、創造する自信を失ってしまう。誰もが素晴らしい想像力を、直感を、そして知性を持ってこの世に生まれ出るのに、持って生まれた力を使わないように調教されてしまい、結果としてあなたが持つクリエイティブな心は萎れてしまうのだ。学校も、家族も、友人たちも、自分たちの能力の限界をあなたに押しつけてくる。しかし、クリエイティブな人が何かしたいと思ったら、行動あるのみ。ダリはいろいろなものをデザインし、映画を作り、様々な媒体を使って実験を繰り返した。そのすべてが成功だったわけではないが、名声を得るには十分だったというわけだ。

大事なのは、ともかく何でもやってみること

行き詰まったときに効く86のアイデアが紹介されている(上の書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

フィリップ・スタルクやザハ・ハディドのような現代のデザイナーたちも、ダリのようにユニークなビジョンを持った人たちだ。奇抜で人目を引くオペラハウスやスタジアム、そしてホテルといった建造物で有名になった彼らだが、自動車、自転車、電燈、宝飾、椅子、そしてボートまでデザインしている。どんなプロジェクトにも応用の効く思考法を編み出しているのだ。うまくいくときもあれば、いかないときもある。大事なのは、ともかく何でもやってみることなのだ。

クリエイティブな心構えは、何にでも適用できる。そしてあなたの人生のすべての側面を豊かにしてくれる。創造性というのは、電燈のように点けたり消したりできるものではない。あなたが置かれた世界を見る眼差しそのものであり、あなたが世界とどう関わるかという方法論なのだ。

クリエイティブな人は、書類の整頓中でも、料理中でも、スケジュールの管理中でも、家事労働中でもクリエイティブなのだ。あなたも、いつもとは違う考え方をしてみよう。そして、壁にぶつかったとき、何かに取り組むときに、適用してみよう。それは楽なやり方じゃないかもしれない。でも、試してみるのだ。

「有能な役者なら、持てる技は全部見せ切ろうとするはずですよ」
― ダニエル・ラドクリフ[俳優]

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。