残念!尊敬されない上司の服装、ワースト5

ステンレス「おじさん時計」ではなめられる

また、会社でつけるかたいイメージのメガネを、休日もつけている人をよく見かけます。靴は革靴からスニーカーに履き替えたのに、メガネは1本を使い回しというのは、明らかにおかしい。メガネも安価なものが増えていますので、「オン」と「オフ」を切り替えてみてはいかがでしょうか。

意外な盲点!それが平日の「時計」

5.ステンレスの「おじさん時計」を毎日つけている

バブルの頃までは、会社のために仕事をしまくる「企業戦士」が評価される時代でした。平日は夜遅くまで残業や接待に時間を費やし、週末は睡眠をむさぼる。そんなビジネスマンがたくさんいました。

しかし今はこのような「仕事人間」は必ずしも評価されず、人としても魅力的とはいえません。仕事ができるのは当然のこととして、同時にライフスタイルの幅を感じさせるような人が、魅力的と評価され、まわりの人をひきつけます。

仕事で初対面の場合、どんなに自分が魅力的な「週末」を過ごしていても、「どんな家に住んでいるのか」「どんな車に乗っているのか」「どんな趣味を楽しんでいるのか」といったライフスタイルの幅は、相手には見えません。ここでポイントになるのが「身につけている小物」です。

週末も使える時計を、仕事でもつける

たとえばスーツにも合うスポーティーな腕時計をしていたらどうでしょう。ステンレス製ブレスレットの腕時計だが、文字盤が遊んでいたりする。

すると、名刺交換のときに、上品なダイバーズ・ウォッチを見た相手は「この人は週末にゴルフやマリンスポーツを楽しんでいるのかもしれない」とイメージするでしょう。そこから、スポーツの話題で打ち解ける可能性もあります。そのうえ仕事でも週末でも使えるので、コスパもよくて一石二鳥です。

一方、NGなのが「ステンレスのブレスレットに銀色の文字盤」のいわゆる「親父時計」。特に高級ブランドのそればかりをつけている人が多くいます。「この人は週末も出かけずにゴロゴロしているタイプで、奥さんの尻に敷かれているのかも」と思われてしまうだけです。

時計はその人のビジネスマンとしての「価値」を表すもの。名刺交換のときに必ず見られているので、気をつけてください。

 

戸賀氏が編集長を務める『MEN'S CLUB』では、清潔感のある好印象なスタイルを“大人トラッド”と称して発展させ、ビジネス、カジュアル問わず提案しています。2月13日(土)には戸賀氏のセミナーが開催され、その場で参加者の皆さんの「即席コーディネートチェック」も実施します。仕事の服、私服でお悩みの人は、ぜひお越しください。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。