残念!尊敬されない上司の服装、ワースト5

ステンレス「おじさん時計」ではなめられる

3.ジャケットや白シャツがいつも「ファストブランド」

ここでのポイントは、「ファストブランドがNG」なのではなく、「ヘビロテアイテムが安物はNG」ということです。よく「毎日着倒すから安い服でいいや」という人がいますが、毎日着るジャケット、スーツだからこそ、しっかりした縫製・生地の物を選んでください。といっても、日本企画のスーツの質は、世界一。3万円も出せば、クオリティが悪くないスーツ、ジャケットがたくさん見つかります。

筆者も、休日のゴルフで履く迷彩パンツはユニクロ

一方、トレンド服こそファストブランドで取り入れましょう。私も迷彩柄のパンツなど、「普段は着ないけれどトレンドで遊んでみよう」という服は、ユニクロで手に入れています。

ちなみに「よーし! いいスーツを買うぞ!」と気合いを入れて買った10万円のスーツを、10年着るのもNG。ブルックス ブラザーズのような老舗の定番スーツであっても、デザインのディティールを少しずつ変えて熟成させています。そうしないと、古めかしい印象になってしまうからです。どんな高級ブランドでも、10年着られる服など存在しないのです。

厳選して選んだ3万円のスーツを、3年着倒して捨てる。それくらいがちょうどいいと思います。

メガネは顔の印象を大きく左右する

4.平日も休日も「同じメガネ」

「メガネは顔の一部」と言っても過言ではありません。それくらい顔の印象を大きく左右します。メガネは男の「看板」というくらいの意識で選ぶべきです。

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

メガネ選びで失敗するのは大きな痛手ですが、逆に自分に合ったメガネを選べば、「知的」「説得力がある」「愛嬌がある」といったプラスのイメージを演出することができます。メガネ選びのポイントは、「トレンド3割+自分の顔に合う7割」。よく勘違いして、「流行9割、自分の顔に合う1割」になってしまっている人がいるので、要注意です。

個性が大事といっても、仕事では個性的過ぎてはいけません。顔の一部と言われるメガネで、too muchなどありえないことです。あくまでも主役は、服を着こなす本人。真面目で誠実が売りの人が、コメディアンのようなメガネをしていたら、かえって自分のよさを消してしまうことになります。

また、本人の印象は残らず、メガネ(小物)の印象だけが残ってしまうのも問題。取引先の人から商談後に、「えっと名前誰だっけ……? あの、ちょっと個性的なフレームのメガネをしていた人……」と言われてしまったら、その商談は失敗です。あなたは単なる“イタい人”で終わってしまいます。

次ページ残りの1つは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。