アップル、ニュースアプリで有料配信を計画

新たな利用者の取り込みを図る狙いも

1月26日、米アップルがニュースアプリを通じ有料コンテンツの配信を計画していることが分かった。北京で昨年11月撮影(2016年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)

[ 26日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>がニュースアプリ「Apple News(アップルニュース)」を通じ有料コンテンツの配信を計画していると、関係筋2人が明らかにした。

アップルニュースに有料コンテンツを加えることによって、コンテンツ配信側による購読者層の把握を可能にしたい考え。新たな利用者の取り込みを図る狙いもあるとみられる。

また、有料コンテンツを提供していない米フェイスブック<FB.O>の「インスタント・アーティクルズ」との差別化にもつながる見通しだ。

アップルはコメントを差し控えている。

同アプリは昨年9月にリーリスされ、アップルニュースを通じコンテンツを配信する企業は無料で記事を配信、もしくは記事の抜粋を配信し、記事全体を読みたい読者にはそれぞれのウェブサイトにアクセスさせる仕組みとなっている。

アップルは10月時点で、アップルニュース利用者が約4000万人に達したと発表。コンテンツ配信会社数も今月までに100を超えたという。

ただ、関係筋によると、コンテンツ配信側からは、コンテンツにアクセスする読者について、アップルから報告される情報が不十分として不満の声が上がっていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。