クレハの”負けん気”経営、視界不良の化学業界で異彩放つ


 クレハ独自の基盤技術は、さらに原油の熱分解にも見られる。原油の熱分解とは、原油を高温条件下で直接分解して、主にプラスチック向けの原料となるエチレンやプロピレンなど、オレフィン系炭化水素に変化させるプロセス。この原油の熱分解への挑戦、実は「せいぜい資本金500億円の会社にとっては、国家プロジェクトのようなもの」(岩崎社長)だったという。

もともと原油の熱分解に取り組んだ背景には、立地の不利から来る輸送コスト克服とともに、60年代のナフサ急騰に対し、安価な原油を利用することで価格メリットを得る狙いがあった。しかし、石油ショックでその価格優位は剥落、さらに当時の通産省が石油化学製品52品目の価格を凍結。原油熱分解で目指した優位性は完全に失われてしまった。

「物語の始まりは、エチレンセンターに属さなかったことにある」。岩崎社長はそう語る。乾坤一擲の熱分解技術への挑戦は頓挫した。だがクレハは、大手とは別の方法に再起を懸けるしかなかった。原油熱分解プロセスから、その残渣として副生されるタールやピッチ。再び“もったいないDNA”がうずきだした。

ここから始まったのが、炭素繊維事業だ。炭素繊維の用途は成形断熱材やアスベスト代替材料などがある。特に半導体用シリコン単結晶引き揚げ炉や、太陽電池用基板製造炉向けの成形断熱材用途は、現在の経済危機においても順調そのもの。3月末には上海新工場を竣工させ、10月の追加増強と既存工場の設備移設が完了する今年12月には、計画前倒しで従来比3倍の生産能力になる。世界シェアは50%を誇る。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。