「テラス」→「テロリスト」の誤記で起きたこと

通報を受けた英警察が少年の自宅を捜査

[ロンドン 20日 ロイター] - イングランド北部の学校で、英語の授業中に自宅を「テロリストハウス」と誤って記したイスラム教徒の少年(10)が警察に事情聴取される出来事があった。英BBCが報じた。

少年は「terraced house(テラスハウス)」と書くつもりだったが、教師らが誤記だったことに気付かず、新たなテロ対策規則に基いて通報したという。規則はイスラム教徒のコミュニティーを標的にしていると批判されている。

BBCによると、警察は少年の自宅にあるコンピューターについても捜査。少年の家族は学校と警察に謝罪を求めている。

少年のいとこは「子どもにこんな思いをさせるべきではなかった。彼は物を書くことにおびえている」と話したという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT