「テラス」→「テロリスト」の誤記で起きたこと

通報を受けた英警察が少年の自宅を捜査

[ロンドン 20日 ロイター] - イングランド北部の学校で、英語の授業中に自宅を「テロリストハウス」と誤って記したイスラム教徒の少年(10)が警察に事情聴取される出来事があった。英BBCが報じた。

少年は「terraced house(テラスハウス)」と書くつもりだったが、教師らが誤記だったことに気付かず、新たなテロ対策規則に基いて通報したという。規則はイスラム教徒のコミュニティーを標的にしていると批判されている。

BBCによると、警察は少年の自宅にあるコンピューターについても捜査。少年の家族は学校と警察に謝罪を求めている。

少年のいとこは「子どもにこんな思いをさせるべきではなかった。彼は物を書くことにおびえている」と話したという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。