ケンミレが株価水準を視覚的に表すサービスを開始

ケンミレが株価水準を視覚的に表すサービスを開始

株価チャートをはじめ、インターネットで各種株式情報を提供するケン・ミレニアム(東京都中央区)が、株価水準を簡単に視覚で判断できる2つの新サービスを始めた。ケン・ミレのホームページで無料提供する「割安インデックスマップ」と「銘柄○×検索」がそれだ。

「割安インデックスマップ」は、縦横10段階ずつのマスに☆マークを分布させて、株価水準を視覚的に表す仕組み。縦軸は「株価の割安・割高」を、横軸は「株価の上昇・下落速度レベル」の度合いをそれぞれ示す。4000を超える上場銘柄のうち、共通業種やテーマ、事業品目などで422のグループをつくり、☆マークで表示。その偏りで市場全体の割高・割安感や株価変動の速度を把握して、投資判断に活用できる。

「銘柄○×検索」は、証券コードを入力するだけで、当該銘柄の市場内やグループ内での上昇率を順位で表すと共に、「人気がある」「普通」「人気がない」などと5段階で、人気度も表示する。

ケン・ミレは有料会員向け(月額1万500円)向けに、データ分析をはじめさらに機能を充実させたサービスを提供している。株式投資初心者にとって難問となる、チャート分析や市場動向の把握などの一助となりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。