五輪リオ会場付近で数千匹の魚が大量死

ブラジル環境省が明らかに

 1月13日、2016年リオデジャネイロ五輪のセーリング競技などが行われるグアナバラ湾で、魚が大量死して打ち上げられているのが発見された(2016年 ロイター/Ricardo Moraes)

[リオデジャネイロ 13日 ロイター] - 2016年リオデジャネイロ五輪のセーリング競技などが行われるグアナバラ湾で13日、数千匹に及ぶ魚が打ち上げられているのが発見されたと、ブラジル環境省が明らかにした。

同湾は水質汚染が問題となっており、魚の大量死が見つかった場所はセーリング、オープンウォータースイミングやトライアスロンが行われる会場の付近。魚のほかにもゴミが打ち上げられていたという。

一方、魚はすべてイワシ類で、商業的価値が低いためにトロール漁業者が捨てた可能性もある。ごみが浮いているものの、水質には「目に見える異常」はなく、取られたサンプルの検査は5日以内に公表される見込み。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。