五輪リオ会場付近で数千匹の魚が大量死

ブラジル環境省が明らかに

 1月13日、2016年リオデジャネイロ五輪のセーリング競技などが行われるグアナバラ湾で、魚が大量死して打ち上げられているのが発見された(2016年 ロイター/Ricardo Moraes)

[リオデジャネイロ 13日 ロイター] - 2016年リオデジャネイロ五輪のセーリング競技などが行われるグアナバラ湾で13日、数千匹に及ぶ魚が打ち上げられているのが発見されたと、ブラジル環境省が明らかにした。

同湾は水質汚染が問題となっており、魚の大量死が見つかった場所はセーリング、オープンウォータースイミングやトライアスロンが行われる会場の付近。魚のほかにもゴミが打ち上げられていたという。

一方、魚はすべてイワシ類で、商業的価値が低いためにトロール漁業者が捨てた可能性もある。ごみが浮いているものの、水質には「目に見える異常」はなく、取られたサンプルの検査は5日以内に公表される見込み。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
  • ワインの常識10
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。