五輪リオ会場付近で数千匹の魚が大量死

ブラジル環境省が明らかに

 1月13日、2016年リオデジャネイロ五輪のセーリング競技などが行われるグアナバラ湾で、魚が大量死して打ち上げられているのが発見された(2016年 ロイター/Ricardo Moraes)

[リオデジャネイロ 13日 ロイター] - 2016年リオデジャネイロ五輪のセーリング競技などが行われるグアナバラ湾で13日、数千匹に及ぶ魚が打ち上げられているのが発見されたと、ブラジル環境省が明らかにした。

同湾は水質汚染が問題となっており、魚の大量死が見つかった場所はセーリング、オープンウォータースイミングやトライアスロンが行われる会場の付近。魚のほかにもゴミが打ち上げられていたという。

一方、魚はすべてイワシ類で、商業的価値が低いためにトロール漁業者が捨てた可能性もある。ごみが浮いているものの、水質には「目に見える異常」はなく、取られたサンプルの検査は5日以内に公表される見込み。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。