「阪神なんば線」が開通、地域住民の期待、自治体の思惑、鉄道会社の目論見を乗せて--《NEWS@もっと!関西》

拡大
縮小


 奈良側も2010年1月からの「平城遷都1300年祭」を控えることもあり、「新線が“呼び水”になりますわ」(奈良県庁)と歓迎ムード。既に三宮駅で古都の魅力をPRするポスターを掲示するなど、誘致活動に注力している。地元ホテルも、兵庫県民を対象に室料半額など超特価の宿泊プランを準備した。

奈良県を訪れる観光客は07年度約3万5000人と前年比微増だったが、1988年の「ならシルクロード博覧会」をピークに減少基調にあることは確か。新線開通を好機と捉え、地域をあげて巻き返す姿勢である。

不況が暗い影を落とす関西圏に、阪神なんば線の開通が明るいニュースとなったことは間違いない。


せんとくんが、トラッキーとラッキーのエスコートで、阪神沿線を巡り奈良をPR

阪急阪神ホールディングスの詳細はこちら

近畿日本鉄道の詳細はこちら

(梅咲 恵司=東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT