髙井 薫(たかい かおる) Kaoru Takai
LEC専任講師

早稲田大学法学部卒業、青山学院大学大学院法務研究科修了(法務博士)。大学卒業後、損保や再保険等の保険業界を経て、証券系シンクタンクにて株式分析業務に従事。これらで得た会計、金融スキルをLEC東京リーガルマインドの簿記講座にて発揮している。保有資格も多岐にわたることから、簿記のほかにも財務分析、会計ソフト、就職支援講座や行政書士講座等の法律関係講座も担当。「体系的知識の理解の重要性」をモットーに、とくに社会人に対しては、スキマ時間を活用し、効率的に資格取得するためのノウハウの伝授にも力を入れている。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT