西口 一希(にしぐち かずき) Kazuki Nishiguchi
スマートニュース執行役員

1990年大阪大学経済学部卒業後、P&Gジャパンに入社。2006年ロート製薬に入社、執行役員マーケティング本部長としてスキンケア商品の「肌ラボ」を日本一の販売数量の化粧水に育成、男性用ボディケアブランドの「デ・オウ」を開発、発売し1年で男性用全身洗浄料市場でNo.1に育成。2015年ロクシタンジャポン代表取締役。2016年にロクシタングループ過去最高利益達成に貢献し、アジア人初のグローバル エグゼクティブ コミッティ メンバーに選出、その後ロクシタン社外取締役 戦略顧問。2017年にスマートニュースに参画。2019年現在スマートニュース日本およびアメリカのマーケティング担当・執行役員(Senior Vice President of Marketing Japan and USA)および Strategy Partners 代表取締役、Marketing Force 代表取締役(共同代表)。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT