藤原 辰史(ふじはら たつし) Tatsushi Fujihara
京都大学人文科学研究所准教授

1976年生まれ。専門は農業史、食の思想史。『分解の哲学ー腐敗と発酵をめぐる思考』(青土社)で、2019年サントリー学芸賞を受賞。他の著書に『ナチス・ドイツの有機農業』(柏書房、2005年→新装版:2012年)、『トラクターの世界史』(中公新書、2017年)などがある。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT