湯 進(タン ジン) Tang Jin
みずほ銀行法人推進部 主任研究員

みずほ銀行法人推進部 主任研究員、専修大学社会科学研究所客員研究員、上海工程技術大学客員教授、博士(経済学)。

2008年にみずほ銀行入行。自動車・エレクトロニック産業を中心とした中国の産業経済についての調査業務を経て、中国自動車メーカーや当局とのネットワークを活用した日系自動車関連の中国事業を支援。現場主義を掲げる産業エコノミストとして中国自動車産業の生の情報を継続的に発信。

『中国のCASE革命 2035年のモビリティ未来図』(日本経済新聞出版、2021年)、『2030中国自動車強国への戦略』(日本経済新聞出版社、2019年)など著書多数。関連情報はこちら(論考はあくまで個人的見解であり、所属組織とは無関係です)

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT