横川 楓(よこかわ かえで) Kaede Yokokawa
ミレニアル世代のお金の専門家

1990年東京都生まれ。明治大学法学部卒業後、同大学院へ進学、24歳で経営学修士(MBA)、ファイナンシャルプランナー(AFP)を取得。そのほか、マイナンバー管理アドバイザー、マネーマネジメント検定などの資格も保有する。また、在学中には地下アイドルの経験があり、ライブ活動などを行うなどの異色の経歴を持つ。現在はとくに若い世代やお金のことをあまり知らない世代へお金の知識の啓蒙活動を行ない、ミレニアル世代のお金の専門家/経済評論家として活動中。「お金のことを誰よりも等身大の目線でわかりやすく」がモットー。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。