本谷 浩一郎(もとや こういちろう) Koichiro Motoya
元カルフールジャパン開発本部長、プロジェクト推進アドバイザー

1963年、大阪府生まれ。関西学院大学経済学部卒。 プロジェクス株式会社代表取締役。プロジェクト推進アドバイザー、不動産鑑定士。 近鉄不動産株式会社、カルフール・ジャパン株式会社、AMBブラックパイン、レッドウッドグループ、セキュアード・キャピタル・ジャパン株式会社などを経て独立。 国内での開発プロジェクトは10カ所、総額600億円、ファンドでの運用総額は5000億円を超える。TOEIC490点でのカルフール・ジャパン入社に始まり、フランス人、スコットランド人、アメリカ人のトップの下で数々の事業立ち上げに成功。国籍、文化、年代をまたいだチームマネジメントをこなすなかで、プレゼン、会議、交渉、発想法など日々起こる課題に応じたビジネス技術を開発した。十分な経験と高度な技術を持ったマネージャーが、強いリーダーシップを発揮する「プロジェクト最速化システム」を広めることを現在の主業務としている。20年間ストップしていた大阪府茨木市の駅前再開発(建て替え)事業では、土地所有者133人の多くが不動産の素人、高齢者であるなか、3カ月で93%の同意を取り付けた。現在、総額300億円規模の開発事業を進行させている。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。