塚原 東吾(つかはら とうご) Togo Tsukahara
神戸大学大学院国際文化学研究科教授

1961年、東京生まれ。神戸大学大学院国際文化学研究科教授。東京学芸大学修士課程修了後、オランダ・ライデン大学医学部で博士号を取得、イギリス・ケンプリッジ大学ニーダム研究所でポスドクを務めた後、東海大学文学部を経て現職。著書にAffinity and Shinwa Ryoku (Gieben, Amsterdam, 1993)、『科学技術をめぐる抗争』(岩波書店、金森修と共編、2016年)、『帝国日本の科学思想』(勁草書房、坂野徹と共編、2018年)など。専門は科学史・科学哲学、科学技術社会論(STS)。主に蘭学やオランダ史などだが近年では気象学史・古気象の再現などに取り組んでいる。  

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT