井出 明(いで あきら) Akira Ide
観光学者、金沢大学准教授

近畿大学助教授、首都大学東京准教授、追手門学院大学教授などを経て現職。1968年長野県生まれ。京都大学経済学部卒、同大学院法学研究科修士課程修了、同大学院情報学科研究科博士後期課程指導認定退学。博士(情報学)。社会情報学とダークツーリーズムの手法を用いて、東日本大震災後の観光の現状と復興に関する研究を行う。共編著に『観光とまちづくり―地域を活かす新しい視点―』(古今書院)がある。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。