ポール・クライトマン Paul Kreitman
米コロンビア大学東アジア言語文化学部20世紀日本史准教授

イギリス・ロンドン生まれ。2006年オックスフォード大学歴史部卒業。2015年プリンストン大学歴史学Ph.D。日本戦時の銃後動員化および無人島の環境史を研究する。論文『戦時戦後東京における糞尿攻め』を2018年にEnvironmental History誌から出版。書籍『日本の海洋ボーダーランド』を、2021年ケンブリッジ大学出版から出版予定。

Twitter: @Paul_Kreitman

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。