テスラに1億3700万ドル支払い義務と米陪審認定

加州工場での黒人従業員への人種差別巡る訴訟で

米テスラのカリフォルニア州北部の工場で、黒人の元エレベーター係が直面していた人種的なあざけりや侮辱的な落書きに同社が目をつぶっていたとしてこの元従業員が起こしていた訴訟で、サンフランシスコ連邦地裁の陪審は4日、テスラに1億3700万ドル(約150億円)を支払う義務があると認定した。元従業員の弁護士が明らかにした。

元契約従業員オーウェン・ディアスさんのローレンス・オーガン弁護士によると、2015年に人材派遣会社を通じてテスラに雇用されていたディアスさんは、人種差別的な労働環境にさらされていたと連邦地裁陪審が判断した。今回の判断は電子裁判所記録で今のところ確認できていない。

テスラと同社のトレーシー・ケネディ弁護士はコメントの要請にこれまで返答していない。

オーウェン・ディアスさん(右)と息子のデメトリック・ディアスさん(カリフォルニア州オークランド、2018年) 

テスラは人材派遣会社から派遣されたアフリカ系米国人の従業員の権利と安全を無視する意図は全くなく、ディアスさんが報告した全ての問題も調査し解決したと主張していた。

原題:Tesla Ordered to Pay Worker $137 Million for Racism at Plant (2) (抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Malathi Nayak

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT