黒人記者が語る「抗議デモ」と「人種主義」

知らないうちに、死んでるのかもしれません

もし「国家」が、自らのルールはある集団に利益をもたらす一方で、ほかの集団を妨害し、傷めつけるようにデザインされている、とはっきりさせてしまったら? その背景にあるのが、人種的、社会的、宗教的、どんな理由であれ、すべては振り出しに戻ります。ルールは無効で空虚なものとなり、抗議デモがそれに続きます。平和的なデモでも、そうでなくても。

しかし、抗議デモは何世紀も起こってきましたが、ぼくが思うに、デモは平和的だろうが暴力的だろうが、権力者にとって違いはない気がします。権力者は自分よりも大きな力から命じられなければ、権力を放棄することも、譲歩することもありません。現在の場合、本当に民主主義ならば当然、一番大きな力は人々の力です。そして「国家」がそのことを忘れたら、人々が国家にそのことを思い出させなくてはならないのです。
日本の皆さん、アメリカでの抗議デモや不穏な状況の映像を観ている時に、あなたが目撃しているのは人々の力です! 血と怒りをもって、政府に思い出させているのです。人々にきちんと向き合え、さもなくば、破壊を含めた報復を覚悟しろ、と。

アメリカの黒人たちはもう400年以上、抗議と蜂起をする状況にいます。正義は与えられず、だから平和もありません。そして今またホワイトハウスには、正真正銘の、おおっぴらな人種主義者がいます。彼に票を入れたのは主に人種主義者たち、変わるのを恐れ、現状を維持したい者たちです。

もうぼくたちには、白人至上主義と構造的人種主義について論議している余裕はありません。前者は文字通りぼくたちの首に膝をめりこませ、後者はやった者たちを野放しにしつつ、ぼくら黒人を刑務所や棺桶に入れます! 平和的な抗議デモをするとか、ただじっと肌の色の関係ない平和な世界を願って祈り続けるなんて、そんな贅沢をしている余裕はないのです。ぼくたちは殺されているんです!

日本人には白人至上主義の標的になった過去がある

こんなに火を見るように明らかなことを、そもそも説明しなければならないのがふしぎです。人間なら、わかるはずです。日本のみなさん、あなたたちは白人至上主義の最も恐ろしい形の一つ、原爆の標的となりました。ならば、わかるはずです。ぼくからあなたたちに説明する必要なんて、ないはずです。

あなたたちにも、ぼくらの皿に盛られたのと同じものが盛られてるんです。黒人がアフリカから連行されて以来、白人至上主義がぼくらに出し続けてる皿と同じものが。その皿の味を忘れたとは、言わないでください。もし忘れたなら、それは本当に残念なことです。

日本は知らないうちに、ポスト原爆の白人至上主義の病に冒された悪夢の中で生きているのかもしれません。

多くの日本人が自問自答するべき、カギになる問いはこうです。抗議デモ参加者がした暴力や略奪が許せないから、世界に満ちる白人至上主義とあからさまな構造的人種主義を暗黙に支持するのですか?(略奪さえなければ、抗議デモを支持できるのに!)

それでしょう? 略奪という行為が、気に障る。わかります。でも、ちょっと1つ聞いて下さい。

次ページメディアから聞くほとんどはプロパガンダか間違った情報だ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT