黒人記者が語る「抗議デモ」と「人種主義」

知らないうちに、死んでるのかもしれません

友達や知人、同僚と話していると、真実がものすごく必要だと感じます。黒人のイメージはメディアの中で過度に破壊的で、野蛮なものとして描かれていて、あれでは「悲しく残念な事件だけど、破壊するなんて共感できないな」と感じてしまうだろうからです(残酷きわまる殺人事件なのに)。

暴動や略奪はもちろん、あの画面に映っている暴力は、どう考えてもまともには見えません。だから「黒人の中にはなにかとんでもない狂気があって、その原始的な、黒人が生まれ持った反社会的な性質が時々噴出するのだな」と考える人もいるでしょう。

そういう考えこそ、人種主義的です。ここ数週間テレビに映っている暴力行為を、「黒人っぽさ」とか「黒人の傾向」のせいにするとしたら、あなたは新型コロナウイルスなんて笑えるほどの、深刻なウイルスに感染しています。人種主義と言う名のウイルスに。



しかし、ああいう暴力行為を「アメリカっぽさ」のせいだと感じるなら、あなたはいい線を行っています。あなたがテレビやネットを見ていて、権力に対して真実を叫ぶ人々の姿を見るのならば。声を奪われ、存在を無視され、痛みに打ちひしがれてきた人々の姿を見るならば。400年以上もの間、暴力を振るわれ、町を燃やされ、略奪され続けた人々が、その報復として暴力を振るい、町を燃やし、略奪をしていると思うならば。なぜなら、そう、そういうことだからです。

火炎瓶を投げているのはあなたでもある

人間には一線というものがあり、権利があります。もしあなたが信用し、自分と自分の権利をゆだねていた存在が、その一線を越え、社会的契約を破ったとしたら、それはもう何でもありの、仁義なき戦いへの突入を意味します。アメリカ人であろうと、日本人、中国人、ジャマイカ人、ドイツ人、ロシア人、パキスタン人、なに人でも同じはずです。相手が国でも、企業でも、宗教でも同じはずです。あなたは「自分が信用した権力機構は、実は敵だ。人間誰しもが求める平和と安心にとっての敵だ」と思うでしょう。

歴史には、日本の歴史にも、その証拠が山ほどあります。人間は国家による抑圧や一方的な専制権力、残酷さ、人間性の否定と常に戦います。ぼくら人間はいつもそうしてきたし、これからもそうするでしょう。それが、革命ってやつです!それが、いくつもの支配制度が崩壊する理由なのです!こんなことを言われなければわからない人は、どうか自分の脈を確認してください。

知らないうちに、死んでるのかもしれません。

テレビで警察署に火炎瓶を投げつけているアメリカ人を見る時、あなたがそこに見ているのは、ブチ切れてしまった時のあなた自身です。自分が税金を払っている「国家」の職員によって自分の子供がユーチューブ上で窒息死させられて、相手に「すまない。でも黄色い肌だし、ずるい犯罪者みたいな細い目だったから、てっきり…」とか「ごめんな、まあ間違いってあるしさ」とか言われたとしたら? どう考えても、あなたとあなたの周りのみんなはその日から、最低でも「国家」とその政策たちに疑問を持ち始めるでしょう。さて、この種の悲劇が何度もくり返されたとしましょう。「恐ろしいけど、よくあること」になったとします。そうなったらきっとあなたも火炎瓶を作り、投げ始めるでしょう。そうならないなら、パンツの中をチェックして、それかレントゲンを撮った方がいいです。

知らないうちに、去勢手術を受けているかもしれません。

次ページアメリカの黒人には正義は与えられず、だから平和もない
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。