及川光博「2点突破スペシャリスト」という凄み

イメージでくくれないビジネスパーソンの資質

ビジネスパーソンでも、自分のキャリアを点ではなく線でとらえられる人は、及川さんのように「主観と客観を併用」できたり、周囲を輝かせる位置にやりがいを見出したり、機が熟すのを待てたりするものです。

「王子からの転職」に見るそつのなさ

次にふれておきたいのは、及川さんの人柄。これまでさまざまなメディアで共演者やスタッフたちが及川さんの明るくフレンドリーな人柄を語ってきましたが、決してそれだけの人ではないでしょう。

及川さんは中学から大学まで成城学園に通うエリートであり、家にメイドがいる裕福な家庭で育つなど、イメージ通りのところがある反面、「学生時代イジメを受けていた」「アルバイトしながら舞台演劇やライブ活動をしていた」という不遇の日々も経験してきました。

単なるエリートではないからこそ、デビューするために「ミッチロリン星の王子様」というキャラクターを選ぶことを受け入れられたのでしょう。及川さんは1996年のシングル「モラリティー」で歌手デビューしましたが、もともと俳優志望。「芸能活動を仕事にするために音楽活動に力を入れた」という泥臭い姿勢は、エリートや富裕家庭育ちとは遠いものであり、「ポジティブもネガティブも環境や他人のせいにしない」という成熟した人柄が伝わってきます。

歌手デビューから1年後の1997年、及川さんが脚光を浴びたのは「マツモトキヨシ」のCM。白のタキシードをまとい、女性に涼しい顔で「どんなに高いものでも買ってあげるよ。僕はお金持ちだから」と語りかける姿が話題を集めました。

さらに1年後の1998年、及川さんはライブで「“王子”からの転職宣言」を行い、「職業・ミッチー」と語ったあと、俳優としての活動を本格化。当時、及川さんは笑いながら「王子に飽きたのかな」と話していましたが、「演技と歌の幅をもっと広げたい」という思いがあったのは想像に難くありません。

デビューのきっかけをつかみ、やりたいことに近づいたからこその転職宣言であり、「飽きられる前に」というスピード感も奏功しました。芸能人の中には「強烈なキャラクターをさんざん引っ張って突然やめてしまう」という人も少なくありませんが、及川さんは転職宣言後も王子キャラをすべて捨ててしまうのではなく、俳優として演じる役柄の中で生かしていました。そんなそつのなさがあるからこそ1998年から22年連続で連ドラ出演を果たしているのでしょう。

次ページビジネスパーソンに置き換えると?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT