カローラから始まったカーナビ専用機の大転換

CD/DVDプレーヤーも消え、コネクテッド強調

セダン、ワゴン、ツーリングのフルモデルチェンジを受けて、昨年発売のカローラスポーツも改良され「ディスプレイオーディオ」搭載へ。写真右が新型(筆者撮影)

だが、それ以上に「カローラ」という商品の成り立ちに深く関与している。1966年の初代登場のときから「カローラの使命は、お客様の期待にプラスアルファ」をモットーとしてきた。さらには「良品廉価」「時代のニーズに合わせた変化」を掲げてきたクルマでもある。

それゆえに、大きく変わるのは「カローラからだ」と、トヨタは主張する。「ディスプレイオーディオ」はそれほどまでに、トヨタにとって大英断なのである。

フル装備でも旧来型カーナビより安い?

「ディスプレイオーディオ」の詳細は新型カローラのホームページで確認していただくほうがわかりやすいと思うが、本稿では概要を紹介する。

標準装備の状態では、AM/FMチューナーやBluetooth接続機能、そしてスマートデバイスリンクと呼ばれるスマホと車載器との連携サービスを使って無料ソフト「LINEカーナビ」が使える。さらに、遠隔でのメンテナンス管理や駐車場での位置を検出するサービスなどを備えたT-Connectが5年間無料で使用できる。

新型カローラ ツーリングの車内(筆者撮影)

つまり、「素の状態」では「LINEカーナビ」以外のカーナビ機能はない。この先は、オプション設定となる。まず、iPhoneと接続する「CarPlay(カープレイ)」とアンドロイドフォンと接続する「Android Auto (アンドロイドオート)、さらに地デジTV放送が見られるキットが初期費用のみ3万3000円。これで、どのスマホ経由でもカーナビ機能が使えるようになる。

これから先は、「ディスプレイオーディオ」そのものにカーナビ機能を組み込むオプションとして大きく2つある。

1つが、エントリーナビキットが初期費用6万6000円。さらに、T-Connectを活用した上位ナビキットが11万円となる。また、標準装備ディスプレイ7インチを9インチに広げるのに2万8800円。オペレーターによるレストランやホテル予約サービスなどはさらなるオプション設定だ。

仮にT-Connectなどをフル活用した最上位パッケージを買ったとしても20万円でお釣りがくる計算だ。T-Connectは6年目以降、継続する場合は年間3630円となる。

近年、ディーラーオプションでも、アフターマーケットでも、カーナビ専用機はエントリーモデルでも10万円台前半、上級機は20万円超えが当たり前となっている中、サービス内容を踏まえると「ディスプレイオーディオ」での「全部乗せ」には割安感がある印象だ。

次ページ日本車はディズプレイオーディオになる?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT