「住みよさランキング」富裕度トップ30都市

利便度、安心度、快適度のランキングも公開!

吉祥寺にある井の頭恩賜公園。休日は多くの人でにぎわう(写真:momo / PIXTA)

東洋経済新報社が全国の814都市を対象に毎年公表している「住みよさランキング」。6月20日に配信した総合評価トップ50都市には多くの反響が寄せられた。今回は、「富裕度」「利便度」「安心度」「快適度」「住居水準充実度」の5つのカテゴリ別のランキングを紹介する。

「富裕度」上位は東京・愛知がほぼ独占

財政力や住民の経済的豊かさを示す「富裕度」は、昨年と同様、武蔵野市(東京)と東京23区のうち10区を合わせた計11市区がトップに並んだ(東京23区は、「財政力指数」「人口当たり地方税収額」の2指標について他市と比較可能な数値がないため、同指標を除外して算出している)。

武蔵野市は、都心部へのアクセスがよく、商業施設も集積しているため生活利便性が高い。住みたい街としても根強い人気を誇り、富裕層の住民も多く、「納税義務者1人当たり課税対象所得」は9位、東京23区を除く順位では、高級住宅地として全国的に知られる芦屋市に次ぐ2位。「財政力指数」「人口当たり地方税収額」のいずれも上位3位に入る。

最新版『都市データパック 2018年版』(6月18日発売)は全国書店で好評販売中(雑誌表紙画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

12位の浦安市(千葉)は、東京23区を除いた市では2位となる。1969年に地下鉄東西線が開通し浦安駅が開業、東京のベッドタウンとして発展してきた。計画的なまちづくりのもと、住宅地の建設と公共施設の整備が進められ、利便性の高い良好な住環境を形成している。

東日本大震災では市域の8割が液状化したが、復旧工事が進み2017年9月に国土交通省が発表した「基準地価」では、震災後初めて全地点で上昇に転じた。また、「財政力指数」では武蔵野市を押さえて1位と、財源に余裕がある。

東京23区を除く3位はみよし市(愛知)。トヨタ自動車の工場をはじめ、自動車関連企業が数多く立地。交通の便もよく、名古屋市や豊田市のベッドタウンでもある。法人市民税の伸びに支えられ、「人口当たり地方税収額」は2位、「財政力指数」は3位となった。

次ページ 「利便度」では武蔵野市が1位に浮上
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT