小池知事が「公明党のご機嫌取り」に走る事情

首班指名は「山口那津男さんがいい」

公明党と小池氏の関係はどうなるのだろうか(写真:ロイター/Toru Hanai)

9月25日夕方、安倍晋三首相は衆議院解散の意思を明らかにした。ところが同日午後に小池百合子東京都知事が新党「希望の党」の旗揚げを表明したことで、25日夜から26日朝に掛けての報道は「安倍首相と小池都知事」の2人が主役だった。

が、一連の政局報道の陰に隠れている重大事がある。それは、ひとつの小選挙区におよそ2万票あると言われる公明党の票の行方だ。公明党は国政では自民党と連立し、東京都政では小池百合子都知事が事実上率いる都民ファーストの会と連携しているが、ここに来て国政で小池新党「希望の党」が生まれたことで微妙な立ち位置に追い込まれているのだ。

新党は「小池カラー」に

まずは、わずか数日で急前進した「小池新党」について見ておこう。

24日には自民党の福田峰之内閣府副大臣(翌25日自民党を離党し、内閣副大臣も辞任)や「日本のこころ」の中山恭子代表が小池新党への参加を表明。同日夜には細野豪志衆議院議員や若狭勝衆議院議員など、7名の国会議員が会合を開いて意見交換を行っている。ほかにも渡辺喜美元みんなの党代表や河村たかし名古屋市長など、新党参加に意欲を見せる有名人は少なくない。

ところが、25日の会見で小池知事は、「リセット」を強調した。小池知事はシンボルカラーの緑色の字で「希望の党」と書かれたプラカードを掲げ、こう述べた。

「これまで若狭さん、細野さんはじめとする方々が議論してこられましたけれども、リセットいたしまして、私自身がたちあげるということでございまして、直接絡んでいきたいというふうに思っております」

この「リセット」の意味は何なのか。すでに若狭氏や細野氏が綱領などを詰めていたが、それを全面的に廃棄して、「百合子カラ―」に染めるという意味のようだ。

次ページキャッチコピー先行
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT