グーグルが熱中するマインドフルネスの正体

心を落ち着かせ、ネットから離れてみよう

マインドフルネス瞑想は高血圧の改善や、血糖値やコレステロールの上昇抑制、不安の軽減のほかに、ヒーリング効果を高め、大脳皮質の発達につながることもわかっている。大脳皮質は注意力、感覚処理、記憶、認識など、高次機能に関与している。研究も形を変えながら、もっとも才能あふれる科学者たちと、才能ある瞑想の第一人者が手を組み、いまもなお、行われ続けている。

「インナーネット」を活用せよ

いまや、シリコンバレーをはじめ、世界のIT企業で進んでいる爆発的な技術革新は、私たちの生活、仕事環境をより便利にし、支えてくれている。実際、シリコンバレーに住み、グーグルで仕事をする私は、すばらしいテクノロジーの数々に助けられているおかげで、世界中を飛び回りながらも、生活ができているし、私の出身である貧しいインドの村でもインターネットを使うことで、ハーバード大学やスタンフォード大学の人たちと同じ情報を入手することができている。

しかし、このように文明が発展していくなかで、忘れてはいけないことがある。それは、私たちが扱うテクノロジーの中で最も重要なものは、私たち自身の中にある、ということだ。

「インナーネット(inner-net)」、すなわち、脳と体、心、呼吸、意識の集合体である。

これらは一人ひとりに備わっているものなので、どこにでも持ち歩ける優れものだ。私は常々、定期的にインターネットから離れ、心のインナーネットにつなぐことが必要だと考えている。だが、外の世界から完全に離れることを提唱しているわけではない。インターネットとインナーネットという2つの世界をあなたに合ったやり方で統合することが大事なのだ。

『リセット Google流最高の自分を引き出す5つの方法』(あさ出版)。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

それによって、仕事上、あるいは人生で何らかの問題を抱えていても、よりクリエイティブな解決策を見つけることができる。私は幸いにも、長年この2つの世界で過ごしているが、その効果を日々実感している。

現代は「心の時代」と言われている。その中で、最高のパフォーマンスを発揮できるようにするには、心を落ち着け、心身を回復させ、エネルギーを充電する時間が必要だ。マインドフルネス瞑想を意識的に行うことで、私たちの内部にあるテクノロジーに触れ、変化させ、外部の世界との調和が生まれ、バランスのとれた生活を送ることができる。このとき、自分でも気づけなかった最高のパフォーマンスを引き出せるはずだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT