【産業天気図・化学】石油化学、電子材料ともに数量停滞で09年度前半は「雨」、後半は「曇り」。事業構造見直し迫られる年に


 石油化学事業も当然厳しい。3月16日発売の「会社四季報」春号では、先述の昭和電工、住友化学に加え三菱ケミカルホールディングス<4188>、三井化学<4183>、旭化成<3407>、東ソー<4042>ら大手総合化学7社の09年度の業績が、7社とも通期で大幅赤字になると予想としている。三菱ケミカル、住友化学、旭化成は非石化事業である医薬での安定貢献が見込めるが、業績の下支えとはならないだろう。

石化は足元では中国需要の立ち上がりで合繊原料、合成樹脂等の販売価格に上向き感はあるが、一時的に在庫補充をするための当用買いである公算が高い。後半にやや数量の回復を見込んで「曇り」としているが、こちらも緩慢な動きが予想される。石化事業は構造的に供給過剰の体質を持っているため、ユーザー需要が減退する局面では他の素材業界と比べても落ちこみが大きい。期中での石化コンビナート再編は必至だろう。

石油化学事業と非石油化学事業である電子材料の両輪で収益拡大を図ってきた化学業界。ただ、「石化はもともと過当競争のうえ、09年度は中東勢の低価格攻勢が本格化してくる。電材も一部製品を除きコモディティ(汎用)化が著しいため、採算確保が難しくなってきた」(化学アナリスト)という見方もある。期待されるのは太陽電池、リチウムイオン電池向け材料などの成長性が高い「エコ素材」だが、「まだまだ業績に占める売り上げ、利益の貢献度は低い」(同)。

こうした状況のなか、09年度はどの事業を今後の収益柱とするか、見直しを迫られる年となりそうだ。大手、中堅かかわらず、不採算事業の撤退を含め、抜本的な構造改革が必要になることは間違いない。

(二階堂 遼馬)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。