ホンダ、2015年の中国販売は100万台超え

年間目標の95万台を上回る

 1月4日、ホンダは声明で、2015年の中国自動車販売が100万台を超え、年間目標の95万台を上回ったことを明らかにした。都内で1月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[北京 4日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は声明で、2015年の中国自動車販売が100万台を超え、年間目標の95万台を上回ったことを明らかにした。詳細は8日に発表する。

ホンダとトヨタ自動車<7203.T>は昨年、SUVを中心に中国国内での需要が回復、1―11月の販売は2桁の伸び率となっていた。通年でも中国国内市場の伸び見通し3%を大幅に上回るとみられている。

ホンダは勢いを維持するため、今後3年で15の新モデルやモデルチェンジを予定している。

トヨタや日産自動車<7201.T>は1―11月の段階ですでに100万台を突破していた。

人気記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。