日本人が知らない"カネの国"アメリカの美徳

「カネを作る人」がもっとも尊敬される

この共和党予備選の結末だが、トランプがこのまま指名を獲得し、クルーズを副大統領候補にするのではないかと筆者は考えている。従来のように白人を中心とした文化的保守の共和党員と、信条としては真逆なリバタリアン寄りの財政保守の共和党員が同居して混迷を極めていた共和党で、この本質的に相容れないふたつのグループを結びつけることができるのはトランプしかいない。

トランプ自身は自由至上主義者でもアイン・ランド主義者でもない。その発言は1980年代のナショナリストのそれに近い。だが彼の選挙陣営に集う自由至上主義者たちにとってそれは問題ではない。自由至上主義者たちは、自分たちだけでは決してアメリカのメインストリームに届かないことを知っている。筆者の憶測にすぎないが、トランプの主義主張の全体はともかく、彼自身が傑出した才能をもつ成功したアメリカの実業家であることは疑いがなく、クルーズをランニングメイトとして改革を進めてくれればよい、ということか。

さらに、前述のルワンドウスキー選対部長はいまクルーズ陣営にいるボブ・スミス元上院議員の選対部長を務めたことがあり、広報のピアソンもクルーズのスタッフだったなど、二つの陣営には合流の下地が整っている。妥協のきかない防衛面でも両陣営は親和性が高そうだ。

ちなみに、「過激なテロ対策」を打ち出していることがトランプの問題点と指摘されることが多い。しかし、そもそも過激なのはトランプが掲げるテロ対策ではなく、イスラム国などテロリストの方だ。彼はイスラム教徒への憎悪をあおっているわけではない。問題は宗教にあるのではなく、イスラム教徒たち自身のためにもテロの問題を根絶しなければならないと述べているのである。

カネを刷る人とカネを作る人

実際問題として、トランプが指名されたとしても、来年の本選でヒラリー・クリントンを破ることは難しいだろう。だが指名されれば、前回に続き共和党は、政治家でも軍人でもない、アメリカが誇る実業家を大統領候補にかつぐことになる。政策については未知数だが、トランプが当選した暁には、彼と個人的に親しい稀代の名経営者ジャック・ウェルチが起用されるという噂もある。ウェルチは高齢だし可能かどうかわからないが、彼がGEでしたことを公共部門で行おうとしたら激震が走るだろう。

今回でないとしてもお金の国アメリカは、いつか近い将来、お金を刷ったり配ったりする政治家ではなく、「おカネを作る」経営者たちを国のリーダーとして選びはじめるのではないだろうか。

筆者もまたこの半年間トランプ旋風に目を奪われ、いつしかトランプその人に魅了されてしまった。次回こそは、アイン・ランドが政治ではなく起業家たち、シリコンバレーやビジネスマンに与えてきた影響について紹介したい。

1月19日と20日にアイン・ランドに関する講演会があります。19日の講演会についてはこちら、20日の講演会についてはこちら

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT