ドコモは「攻殻機動隊の未来」を実現できるか

ベンチャー投資のキーマンが語った

――ホームページに「『攻殻機動隊の世界を形にするスタートアップ』集まれ!」とあります。近未来アニメ映画「攻殻機動隊」の世界観(感情を持ったロボットや自動運転など)を実現するような技術を持ったベンチャーを募集しているのですか?

最近は、2030年ビジョンなどと超長期の青写真を示す企業が増えていますが、すでに示されている一つの未来像が「攻殻機動隊」の世界ではないでしょうか。

実際に、時代が攻殻機動隊の世界に追いついてきている部分も多々あります。攻殻機動隊をシンボリックな位置づけにして、実現できそうなものを抽出し、ベンチャーを応援する取り組みがあってもいいんじゃないかということです。そこで(外部が運営している)「攻殻機動隊リアライズプロジェクト」に賛同させていただいています。

「攻殻機動隊の未来」を作れ!

――すでに追いついている部分というのは?

たとえばウエアラブル端末。これが進化すれば「攻殻機動隊」の世界に追いつけるでしょう。少し前ですが、米国で電子タトゥーが特許化されました。コンタクトレンズを電子化するとか、そんなこともできている。米国の某大学では、頭に電極を刺して、脳の信号で肢体不自由な人がロボットアームを動かす実験に成功しました。3Dプリンターを使って安価に義手を作るベンチャーも出てきています。

――「攻殻機動隊」の世界の中に隠されているヒントというのは?

ウエアラブルよりも「インプランタブル」(体内に埋め込む形)が実現しないかな、と個人的には思っています。眼鏡のように体の外につけるのではなく、コンタクトレンズ化されたディスプレイであったり、カメラであったり、そういうものだったら使えるのではないかと思います。

また、ヘルスケアのデバイスとしてバンド型がありますが、継続して着用するのは難しい。タトゥーみたいなものが実用化されると、健康増進のみならず、医療系にも応用が効くので、わくわくしますね。自律走行型の警備ロボットも攻殻機動隊に登場しています。自動運転も普通に出てきていますね。

2016年にはスイスで「サイバースロン」という催しが予定されています。義手義足の方のマラソン大会です。超人オリンピック的な催しで、脳波でゲームをコントロールする競技も予定されているそうです。

今はオリンピック・パラリンピックという言い方ですが、義手や義足の技術革新で、パラリンピックの記録がオリンピックの記録を普通に上回る時代が来ると思います。そういう未来が実現する可能性があるのではないかということで、攻殻機動隊プロジェクトに賛同しています。

                         (撮影:今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT